船橋市・市川市 船橋法典・行田・柏井 船橋法典駅から徒歩3分。骨格・骨盤矯正・交通事故の負傷の治療・リハビリならかみやま整骨院。

カード決済OK!|

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜日午後は、受付時間 15:00〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

047-339-0109

JR武蔵野線
船橋法典駅
徒歩5分

HOME > 部位・症状別 > 生理痛(月経痛)・PMS

生理痛(月経痛)・PMS

更新日:2019年03月17日

生理痛のこのような症状でお悩みの方は…

生理痛
  • 生理痛で寝込んでしまう
  • 生理時の痛み止めの量が増えた
  • 生理が来ると腰も痛くなる
  • 生理前後は下腹部が張っている感じがする
  • 生理中は頭痛がひどくなる

生理痛(月経痛)は痛みのあらわれる時期で発生する要因が異なります。

生理(月経)前の痛み

女性ホルモンの一つ、「プロゲステロン」が影響します。
子宮排卵後、卵巣から分泌される「プロゲステロン」の量は急激に増えます。作用は女性の身体を妊娠の準備として、体温を上げたり、子宮内膜を厚くしたり、乳腺を発達させたり、水分を体にため込んで女性らしい体つきを作ろうとします。そして、妊娠せずに生理が起こると一気に減ります。
このホルモン分泌の増減で自律神経のバランスを崩し、頭痛や胃痛、イライラなどを引き起こします
また、水分を身体にため込むことで、だるさやむくみの原因にもなります。
生理の1週間くらい前から起こる症状を「月経前症候群(PMS」」といいます。

生理時の痛み

生理時の痛みは、子宮が収縮する時の痛みです。女性ホルモンの中に「プロスタグランジン」というホルモンがあります。このホルモンは生理の時に子宮を収縮させて経血を排出させる作用があり、生理痛が増強する原因になります。
骨盤の歪みや筋肉のコリ、冷え性などで身体の代謝が良くない人は、血行不良により「プロスタグランジン」が骨盤内に留まりやすく、痛みが強くなりやすいのです。

生理痛(月経痛)を放っておくと

痛み止めの薬生理痛(月経痛)は、「毎月の事だし、薬で抑えれば大丈夫」と、我慢してしまう方が多いということですが、放置していると、子宮内膜が肥厚して内膜症を発症してしまうリスクが高まります。子宮内膜症は重症化すると不妊の原因になることも多いので注意が必要です。
当院にいらっしゃる患者様は生理痛(月経痛)の治療を受けたことがなく、市販のお薬を飲んだり、痛みを我慢している方が多いようです。しかし、痛み止めは一時的に痛みを和らげることはできますが、根本的な原因の解決にはなりません。

かみやま整骨院の生理痛(月経痛)へのアプローチ

施術中月経前症候群(PMS)」に対しては、鍼・灸治療や特殊電療器ハイボルテージを使って、自律神経のアプローチをしながら、手技にて体幹の筋緊張をほぐすように施術します。
生理時の痛み対しては、先述のとおり「プロスタグランジン」が骨盤内に滞ることが大きく影響するので、「骨格・骨盤矯正×筋膜調整」を行い、全身の血行を良くするように施術していきます。

生理痛(月経痛)は、大きく分けて2種類です。

1.器質性月経困難症といわれる子宮・卵巣の病気に由来するもの
2.機能性月経困難症といわれる骨盤の歪み、筋肉のコリ、身体の冷えからの血行不良に由来するもの

かみやま整骨院では②の骨盤の歪み、筋肉のコリ、身体の冷えに由来する機能性月経困難症に施術を行っています。

※鑑別はつきにくいので婦人科を受診することをおすすめします。が、「いきなり婦人科受診は…。」という方は、かみやま整骨院にご相談ください。

かみやま整骨院の『骨格・骨盤矯正×筋膜調整』
かみやま整骨院047-339-0109

▲ TOP