船橋市・市川市 船橋法典・行田・柏井 船橋法典駅から徒歩3分。骨格・骨盤矯正・交通事故の負傷の治療・リハビリならかみやま整骨院。

カード決済OK!|

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜日午後は、受付時間 15:00〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

047-339-0109

JR武蔵野線
船橋法典駅
徒歩5分

HOME > 部位・症状別 > 踵骨骨端炎

踵骨骨端炎

更新日:2019年03月03日

踵骨骨端炎 =(セーバー病、シーバー病)

お子様の足にこのような症状はございませんか?

    成長痛
  • 背が伸びたと思ったら踵(かかと)を痛がる
  • 運動後に足が痛い
  • 長時間歩くと踵を痛がる
  • アキレス腱伸ばしをすると踵が痛い
  • 和式トイレに座るのがつらい

もしかしたら踵のセーバー病(成長痛のひとつ)かも?

セーバー病って何!?

足10歳前後に多い疾患で、いわゆる「成長痛」のひとつです。
ふくらはぎの「腓腹筋」という筋肉の柔軟性が低下して、踵の骨を引っ張ってしまい炎症を起こしたものを言います。
「腓腹筋」は、膝の後ろからアキレス腱を経て踵に付着します。
腓腹筋が硬くなった状態で、下腿骨が成長すると筋肉に強い張力が働き、踵を引っ張ってしまい障害を起こします。
「アキレス腱炎」とは違う病態です。

成長痛って何!?

人体は、骨と筋肉が同じように成長し、背が伸びるのではありません。
身長が伸びるとき、骨が成長することで筋肉を引き伸ばすように成長していきます。
このとき、引き伸ばされた筋肉に筋肉の付着部が、引っ張られて炎症を起こしてしまうのが成長痛です。
代表的なものが踵の「セーバー病」と膝の「オスグット」です。

かみやま整骨院のセーバー病の施術

施術中かみやま整骨院では、セーバー病の原因である腓腹筋が、なぜ過緊張を起こしているのかをカウンセリングにて解明し、「痛みを取り除く施術」で、症状が強いときは特殊電療器「ハイボルテージ」を行って痛みを和らげ、腓腹筋の柔軟性を上げるために「筋膜ストレッチ」をして、筋膜をリリースします。
急激な成長に伴う骨格の歪みが出てしまっている症例には「身体の歪みを改善する施術」で、骨盤の歪み、筋肉の動きを整えて、成長痛を繰り返さない身体づくりをために『骨格・骨盤矯正×筋膜調整』を行い、根本からお身体を整えます。

成長痛の予防と対策

①普段からストレッチを行う

セーバー病もオスグッドも、発症する子としない子どもがいます。
ストレッチ大きな違いは、身体の柔軟性です。
「腓腹筋」や「大腿四頭筋」といった成長痛の原因筋をストレッチするだけで、大きな予防効果があります。
かみやま整骨院では、ストレッチの仕方がわからない子や保護者様にご理解いただけるように指導しております。

②正しい姿勢を心がける

背中を丸めた姿勢「猫背」だと、骨格・骨盤が歪んでしまい、筋肉の運動効率が落ちてしまい筋肉の負担が大きくなります。
治療をして一時的に良くなっても再発を繰り返すのは、身体の歪みが原因のことが多いです。
かみやま整骨院では、正しい姿勢になるためのエクササイズを指導し、セルフケアを促進しております。
※必要な場合は「姿勢矯正」を行うこともあります。

③運動時に上半身を大きく使うことを意識する。

走ったり、ジャンプしたり、歩いたりと運動と呼ばれるものは、下半身だけではなく上半身も大きく使った全身運動なのですが、ふくらはぎや太ももの筋肉のみで走ったり、激しい競技をしてしまうと負担が脚に集中してしまい、成長痛を起こしやすくなります。
かみやま整骨院では、お子様がやられている競技に合わせて、運動時に身体をどのように使えばよいのかを一緒に考え、分かりやすく指導しております。
※体幹軸の弱い子には「アクシスメソッド」を勧めることもあります。

セーバー病を放っておくと

セーバー病は、放っておくと痛みが強くなり1年以上痛み、症状改善に数年かかることもあります。
また、セーバー病になってしまった子供は「オスグッド」も起こす事が多いです。
これは原因の「腓腹筋」硬い状態が続けば、太ももに負担が加わり「大腿四頭筋」も過緊張してしまうからです。
足(脚)は、身体を支える大切な部位です。早めの対処をしたほうが、身体全体への負担も軽くなります。
ご家庭で、お子様がかかとの痛みを訴えたときは、かみやま整骨院にご相談ください。

アクシスメソッド かみやま整骨院の『骨格・骨盤矯正×筋膜調整』 かみやま整骨院の姿勢矯正
かみやま整骨院047-339-0109

▲ TOP